>> とりくみ時系列 since 1987

※下記、検証大会の録画公開を準備中です。公開まで今しばらく お待ちください。


2022.11.20(日)夜6:30
── 市民マニフェスト検証大会 ──

終了しました。ご参加くださり、ありがとうございます。

 12年間には「69票差の初当選」、その後は「子育て重視」の施策で注目を浴び、3期目を前にした4年前には職員への暴言で辞職し再選挙で圧勝。この1年半ほどは議会多数派との対立を重ねながら、問責決議に絡んだ市議への暴言の挙句「政治家引退表明」と、明石市政は常に注視を浴び続けてきました。


 市民自治あかしは12年前、〈明石市自治基本条例〉の施行後初の市長選挙以来、「市民がつくる市民の政策」である市民マニフェストを策定し、選挙を前に「公開討論会」を開催し市長候補に提案してきました。
 市民マニフェストに対する考え方を聴いて、”よりふさわしい”市長を市民が選ぶ材料を提供してきました。
 加えて、次の選挙を前にして、提案した市民マニフェストがどのように実現、実行されてきたかを市民の目線で評価し、再度 市長と意見交換するのが「市民マニフェスト検証大会」です。
 市民が主体的に市長選びに関わり、市政に関心を向け続けるサイクルを「市民マニフェスト選挙」と呼んできました。

 11月20日の日曜日には、
泉市長が出席して、この検証大会を開催します。

 前回2019年4月の市長選挙で提案した「第3次市民マニフェスト」に対して「概ね賛同する」と答えた泉市政の政策はどうだったのか? 
 次期選挙への関わり方とは別に、「市民自治のまちづくりと市政」を掲げた自治基本条例への対応と個別政策について、市長と意見交換をします。

▶市民マニフェスト検証大会を伝える最新のニュースレター PDF版
(新しいウィンドウが開きます)

市民マニフェスト 7項目(第3次 2019年~今期)

  1. 「市長辞職・再選断念」を繰り返さない
  2. 自治基本条例の遵守と説明責任を果たす
  3. 明石らしいまちづくりを進める
  4. 福祉現場の実情と当事者の意見を反映する
  5. 人口縮小社会に向けて財政課題に取り組む
  6. 環境保全と持続可能社会へ政策転換を図る
  7. 市制100年等、後世に残る記念事業にする

市民マニフェスト 専用webサイト