明石市の子ども政策を考える

イベント名としては

子そだて孫そだて懇談会

主催:市民自治あかし・子ども政策部会

  • 第1回 5月18日(土) 午後 13:30-16:00
  • 第2回 6月16日(日) 午後 13:30-16:00
  • 第3回 7月20日(土) 午前 9:30-12:00
  • 第4回 8月18日(日) 午前 9:30-12:00 以上、全4回
  • ウィズあかし 和室(アスピア南館8階)定員24名
    • 乳幼児同伴を可として「和室」を用意しましたが、保育を別としていません。簡単な遊び道具や絵本等、各自でご用意ください。時間帯は長いので、同伴が困難になったときはご容赦ください。
  • 参加費 無料

明石市の子ども政策に疑問がある。困っている。あるいは、歓迎している。助かっている。──ご意見、ご相談を募ります。上記のイベント実施日は都合つかない、あるいは別途にご相談したいときは、時間・場所を調整して承ります。ご遠慮なく 市民自治あかしまで(連絡先)お声かけください。ここを読まれたら、ご相談はいつでもかまいません。

『保育園は誰のもの』(岩波ブックレット)520円+税 全63ページ

 これで読書会をしようかと思います。2018年1月発行で、新しい。

  1. 保育を必要としているのは誰か
  2. 社会のインフラとしての保育
  3. 「質」は後回しにはできない
  4. 「安心して産み育てられる社会」へ

 これらは、この本の章立てですが、この章順、4回に分けます。

 子ども政策を考え議論するためには最低限の知識が必要です。これにピッタリのテキストです。この4回を通じて、次の段階に進む方法をご相談したいと思います。4回すべての参加を求めていません。1回だけの参加も念頭に進めます。 読書会の形式をとりますが、読書を前提としない運営にします。日頃の不満、疑問を出しあい意見交換します。現行の子ども政策を肯定することも積極的に受けいれます。

読書を前提にしません。当日は「資料」をご用意します。

 数名程度の参加でも行います。
 今回は、就学前または小学2年生までを対象にした子育てに関する話題とします。保育に関しては「量と質」の2つの観点で論争となりますが、待機児童問題が先行し、結果として「量」の議論に流れやすくなります。しかし、保護者は我が子の幸せな成長を願っています。

できるだけ「質」の観点で意見交換を進めたいと考えています。

コーディネーター 山田利行