「市議会だより」の抜本改革を求める

  • [2015年4月改選議会]に対する連続請願活動・第4回(請願提出2016.2.19)

《請願の項目》

「市議会だより」の内容と編集・制作の仕組みを抜本的に改善し、本会議と委員会審議の種別を分かるようにするとともに、発言議員名と発言主旨を明確にして、答弁内容は質問の主旨に対応した部分に絞って記述するよう改革してください。


12月議会を報せる『市議会だより 1月7日号』でご説明しましょう。「市議会だより」はタブロイド判8ページ。この「市議会だより」において、議員の氏名が出てくるのは、表紙・写真1・写真2の3か所(下の写真3枚)

photo0

photo1

photo2

しかしながら、市民が「市議会だより」を手にして、最も関心をもってこれを読むのは、どの議員が、どんな質問をし、どのような議論がなされたのか、そしてその結果でしょう。写真3は本会議での問答ですが、どの議員が発言したのかわかりません。写真1は質問の項目一覧ですが、たとえば住民投票条例案については3人の議員が質問しています。この3人のうち、どの議員が質問したのか? まさか3人の質問を集約して1つにしたのではないでしょう。

photo3

議員は質問する際、賛否の意思を述べています。議会を傍聴しておれば、それがわかります。しかし、多くの市民が読む「市議会だより」では賛否の意思がわかりません。「議案の賛否一覧」とそれに先立つ「問答」をどう関連付けて読めばいいのでしょう。

photo4

写真4(上)の委員会審査でも同様で、議員の動き・存在が見えません。

このような「市議会だより」だと、見ようによっては「第二の市政だより」です。市政を監視する役割を負った議会の「市議会だより」にふさわしくありません。

このたび提出した請願は、こうした「市議会だより」について、抜本的改革を求めるものです。