市民自治あかし 第4回総会 6月5日(日) 13:30~

草の根の市民自治を掘り起こそう!

自治基本条例にもとづく「政策提言市民団体」を掲げた市民自治あかしは、4年前の明石駅前再開発を住民投票で問うことを求めた住民投票直接請求運動を経て発足し、4年目に入りました。

再開発問題をはじめ明石港のフェリー跡地問題でマンション開発許可取消しを開発審査会に請求する運動、昨年春の市長・市議ダブル選挙では新たな「市民マニフェスト」を提案し、この1年は議会改革を求める活動等に注力してきました。市民の立場から明石市政の課題を提起し、具体的な市政と議会の改革を促す全国的にも希少な市民活動を展開しています。

今年度も6月市議会に向けて議会改革に関わる請願を準備中です。「自治基本条例と議会基本条例の遵守を求める」ことを基本に、新年度も市政と議会の改革、市民自治の深まりへ向けて、精力的な活動をめざしたいと議論を続けています。

  • 市民自治あかし 第4回総会
  • 6月5日(日)午後1時30分~4時30分
  • 男女共同参画センター 第1・2会議室(明石駅前のアスピア明石北館7階)

総会では1年間の活動を振り返り、向こう1年間の活動方針と具体的な計画を議論します。

今回は記念講演として「市民がつくる財政白書」運動に取り組んでいる東京都多摩市のNPO法人・多摩住民自治研究所の研究員である石山雄貴さんに「市民がつくる財政白書」と題して講演していただきます。このテーマは、5年前の明石市長選挙に際して提案した「市民マニフェスト」でも取り上げています。市民がどのように財政問題に取り組むかを学びたいと思います。

明石市内各地のまちづくりの課題や地域コミュニティ活動、環境や高齢者・障がい者が安心して暮らしていく課題、教育や子育て問題など、参加者で幅広く語り合いましょう。

ご近所、お知り合いにもお声をかけていただき、多数のご参加をお待ちしています。