中心市街地活性化基本計画第2期計画素案へのパブコメ 2015.10.30 松本誠

市民自治あかし世話人代表の松本誠は、このほど「明石市中心市街地活性化基本計画第2期計画(素案)」に対し、意見書(パブリックコメント)を提出しました。

提出文書(PDF)

意見をするにあたって、本計画素案については「重大な禍根を残す」(意見書結びの言葉)ものであり、建設的な意見および提案を差しはさめるものではなく「抜本的な見直し」(同)を求めるものです。以下、5つの柱を立てて意見を述べています。

  1. 前計画を焼き直しただけの“上げ底計画書”
  2. 小手先だけに終わった「南部の回遊性を高める明石港周辺の整備計画」
  3. 「三白館」に依存した南部地区整備の実態
  4. 影も形も見えない東外港の「砂利揚げ場」や「フェリー埠頭跡地」の整備計画
  5. 計画の抜本的見直しを!

詳細については意見書本文をお読みください。