“傍聴記” 文教厚生常任委員会担当の明石市議会報告会 2015.10.22 山田利行



一昨日の議会報告会とは大きく違った。担当する常任委員会によって、こんなにも違うことに驚いた。何がどう違ったか。

  • 机の配置が違った。
    • 前回はロの字型だったが、きょうは向き合うかたち。市民が10人、議員が8人。
    • 市民側が傍聴者から見て右一列、議員が左一列。傍聴者からは、どちらも側面から表情などが見える。
  • 進行方法が違った。
    • 行政担当者は同席せず、議員が発言(報告)し終わったのが開始から30分ほどで、閉会までの残り時間のほとんどを市民がマイクをもって発言した。
    • 司会役の井藤議員が促したこともあるが、市民全員が発言した。
  • 傍聴者が少なかった。
    • 前回は、傍聴者も議会事務局職員も行政担当者もいて、「大」会議室で開催されている空気感はあった。しかし、きょうは、傍聴者は5人程度。発言を許された市民は10人で、広い会場で閑散としていた。
    • さて、その「市民」とは、きょうは「民生(児童)委員」の人たちでした。
  • 終了予定時間を超えて議論をした。
    • 冗談とも本気とも取れずだが、司会の井藤議員は「議論が白熱したら晩までやってもらいたい」と、やんわりとだが檄を飛ばした。
    • 終了予定時刻は15:30。(開始は14:00) そして、実際の終了は、15:52。
    • 15:30を超えてからも、議員たちが各自発言をしていた。前回は終了予定が17:30だったはずなのに司会者は17:20と前置きし17:30には終えようという意思を感じたが、それと比べれば、熱意を感じた。
  • 委員長の発言が違った。
    • 梅田委員長は、閉会前の締めくくりとして、市民の意見を真摯に受けとめ、きょうの発言が今後どのように扱われたか、その結果を必ずお返しすると約束した。

さて、きょうの主題は「高齢者支援の取り組みについて」だった。議員は、新潟県長岡市と群馬県高崎市で行った同趣旨の視察報告を行った。長岡市の人口27.7万人、高齢化率28.2%、高崎市の人口37.5万人、高齢化率25.85%。高齢者対策で検討したいとする課題が提案された。そのなかで「買い物支援」の具体例も出された。これは前回の生活文化常任委員会の中心テーマであり、重複するのはかまわないと思うが、市民からも意見があったりして、充実感はきょうに軍配が上がると私は感じた。

市民の発言や意見については、日頃のしんどさをこの機会に知ってもらおうと熱心になる方、問題の根深さや民生委員の後継不足など問題の指摘を強める中ややあきらめふうな印象の方、自分たちの取り組みに対して市の対応が遅い・足りないという不満などがあった。

こうした発言を受けて、委員長は課題と受け取ったと思われる。議員からは、民生委員が発言する高齢者の現状を「はじめて知った」という感想もあった。私のこの傍聴記でこれらの具体的なことを記すのは一面的になるので省略します。「議会報告会というかたち」の傍聴記とご理解ください。

民生委員(個人)の働きによる見守り、関係機関と協働して行う役割、福祉計画に資する働きなど民生委員のあいだは個別ばらばらの感があり十分議論されているように思われない。個々にきょうは意見を述べたというところでしょう。議員も十分に刺激を受けたようですから、こうした議員との意見交換を機会に継続して相互に取り組むことを望みたい。そして、きょうのように「民生児童委員協議会役員」という枠組みだけで討論をするのでなく、一般の市民を交えて、こうした意見交換の機会を何度も設けていただきたい。それが、民生委員後継問題の解決に通ずることになるでしょう。