大阪都構想学者会見を視聴して 投稿/高橋一栄

本件を全く理解出来ていませんが、推進と反対がここまで来た切迫背景があると思います。両者が同じ土俵で議論してないので判断が出来ないのでは、と思えます。安倍政治に近いと見えた藤井教授が橋下都構想に異議を唱えるのは面白い構図です。可能な限り民営化する、基幹以外は市役所も民間で良い、が私の考えです。公務員がやれば安心、民間がやれば不安、との意見を聞きますが賛成できません。長年、県市の役人を相手に業務をした者として、その能力に呆れたものです。このような学者発言が今まさに進められてる危険な国政に向けられる事を強く望みます。泉市長の発言で評価するのは「職員はまだ甘ーい」です。特別職報酬審議会での議論でラスパイレスは100超えでも良い、横並びで良いとする人事課事務局の意見には呆れました。明石も無駄が多数、絞れます。議員と職員の給与は避けて通れません。今後も厳しく言い続けます。2015/5/14